MENU

銀行カードローンと銀行系キャッシングのまとめ・比較サイト

銀行カードローンと銀行系キャッシングのまとめと比較についてご紹介しております。

 

銀行カードローンと銀行系キャッシングとは、銀行などの金融機関が個人に対して融資することをいいます。おまとめローンなどがある銀行系消費者金融のサービスで、申し込みは自宅に居ながらネットや電話などででき、すぐにでもお金が必要な時に大変頼りになります。

 

銀行系借り入れは、ATMやコンビニなどで、簡単にそして気軽にお金を借りることができます。申込みは、たいていの場合ネットで行うことができます。わざわざ銀行やATMなどに出かける必要がありません。カード維持費などは無料です。今現在、利用する予定の無い人にも、あらかじめもしもの時に備えて、カードを作っておくと便利です。

 

普通のキャッシングと銀行系借り入れは、どのように違うのでしょうか? 銀行系借り入れは、普通のキャッシングより少し審査に時間がかかりますが、長期間の借り入れをしたい人にはピッタリといえます。

 

融資の限度額は銀行によって異なっていますが、たいてい200万円以上です。銀行の系列ということで、やはり他の系列のキャッシングよりも安心感があります。

 

基本的にはキャッシュカードなどを使って、ATMまたはキャッシュディスペンサーから現金を引き出すようにして貸し出される、小口の融資のことをいいます。小口融資のため、利息が高めに設定されていることが特徴です。

 

最近、ネットキャッシングなどATMなどの端末を介さないタイプの銀行系キャッシングも多く見られるようになってきました。しかし、多くはキャッシュカードを使っての引き出しです。

 

ネット以外にも、電話で申し込む借り入れや、色々なタイプがあります。現状は、ネットキャッシング、テレホンキャッシングなどといった言葉を使うことは無く、一般に言われているように銀行系借り入れと、ひとくくりで言われています。